トロントで感じる日本の春

ここのところ、日本らしいことをトロントでしている。味噌作りのワークショップに参加してみたり、日本語学校でひな祭りについて生徒に教えたり、オンタリオ州日本語スピーチコンテストを見学したり、日系文化会館の春祭りに参加してみたり。

探せば色いろと日本にまつわることがここトロントでもできる。トロントで日本に関係することができるのは日本人として嬉しいし、日本の文化を友人たちに紹介する良い機会になっている。 続きを読む

フライト前の失敗―Transportation Museum

ホワイトホース最終日、私は予想外の失敗をする。順調だったホワイトホースでの滞在中の中で、ある意味、一番の選択ミスとも言える。

私は、往路のような飛行機のどきどき感を回避したかったので、早めに確実に空港に行きたかった。なので、タクシーで空港のすぐ隣にあるTransportation Museum に行き見学をしてから空港へは徒歩で行くことにした。完璧なプランだった。 続きを読む

ユーコンクエスト―犬ぞりで1600km

ユーコンで知り合った方に連れられて偶然にもYukon Questを見ることができた。Yukon Questとは、毎年2月に行われるイベントで、アメリカのアラスカ州フェアバンクスからカナダのユーコン準州ホワイトホースの間1600kmを犬ぞりで走り早さを競うスポーツである。昨年はユーコン発 フェアバンクス着で、今年フェアバンクス発 ユーコン着の年だった。 続きを読む

ユーコン準州と日本

MacBride Museum of Yukon History、ホワイトホースの数少ない博物館のひとつだ。ホワイトホースの他の博物館は週に2日しか開いていなかったりすることもあるけれど、ここは週に5日開館している。ダウンタウンにあるので、訪れる人が多いのだと思う。

入った直後に少しぎょっとするようなコートの展示があった。 続きを読む

絶景が身近にある贅沢

東京で生まれ育ち、クアラルンプールとトロントに住んだ私にとって、美しい自然は身近にあるものではなく、遠出してみるものだという気がしていたけど、ホワイトホースは違う。家の中から外を見れば、そこには美しい自然がある。自然が身近にある街なのだ。

ホワイトホースにはバスも走っているけれど、バスには乗らず徒歩移動の予定だったので多くを期待していなかったのだけど、予想を上回る絶景を見ながら歩くことができた。 続きを読む