オペラ「蝶々夫人」の違和感

前回のブログで書いた映画館で鑑賞したオペラは「蝶々夫人」だった。物語の舞台は長崎だと言われているだけあって、登場人物の一部は日本人の名前(蝶々さんの女中はスズキさんという)で、日本風な演出もあり、前回劇場で鑑賞したセビリアの理髪師とは全く異なる雰囲気のオペラだった。
続きを読む