違法大麻と合法大麻

元アイドルグループの一人が大麻で逮捕され、その様子がヘリコプターを使って中継されたと知って、なんだか不思議な気持ちになっている。なぜってカナダで大麻は合法だからだ。

別に彼を擁護する気はない。日本には日本の法律というルールがあって、そのルールの中で社会生活が営まれているし、営まれるべきなので、ルール違反はルールに従って適切に対応されるべきだと思うのだ。

でも同時に思うのは、物事の善悪の決定は結局ルールを作る人次第なのだ、ということだ。大麻だって戦前戦中の日本では合法だったし、もっと強い効果があるとされる覚せい剤は戦時中によく使用されていたと聞く。それがどういうわけか違法になり、今は使用すると罰せられる。

ちなみに現在、大麻が合法な国は世界にカナダを含む9ヵ国(アメリカとオーストラリアは一部の州)あるらしい。

カナダでは最近大麻が合法になったが、それに反対する人は多いと聞く。私は大麻の合法化を支持するわけでも支持しないわけでもないが、私は大麻はやらない。特に興味がないということもあるけれど、以前どこかの記事で短期記憶力の低下が起こり得るという研究結果が出たという記事を読んでからますます興味がなくなった。私のこの絶望的な記憶力をこれ以上低下させるわけにはいかないからだ。それにこんなにオーガニック食品を食べて健康に気を使っているのに、なぜ不必要な物質を体内に取り入れる必要があろう。

カナダでは合法化されてから、大麻の専門店がオープンしている。店の中は見えないようになっており、入り口にはIDをチェックする係員が待機している。いつも前を通ると列ができているので、それなりに繁盛しているのだと思う。

最近、ダウンタウンにできた大麻の専門店の名前がなんと「Tokyo Smoke」という名前だと知って驚いた。アムステルダムではなく、東京。なぜなのだろう。

まぁなんにせよ、治安の悪化もなく安全にみんなが幸せに暮らせるカナダであれば私は特に気にしないのだ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です